TOP > FAXソリューション 製品案内 > FAX送信管理システム InfoStore

大量Faxの送信管理情報を一元管理

Fax送信管理システム『Fax送信管理 InfoStore』は
Faxサーバに日々蓄積されるFax送信履歴(送信ログ)を
データベースに取り込み、一元管理するシステムです。





参考画面ページ (※Microsoft Internet Explorer6.0.2以上推奨)

Fax送信管理 InfoStoreとは
Fax送信管理システム「Fax送信管理 InfoStore(インフォストア」は、Faxサーバを使用したFAX自動配信システ ムなどで発生する大量の送信履歴(送信ログ)を保存し、一元管理することで、お客様のFAX配信業務を支援するアプリケー ション・ソフトウェアです。 各FAXサーバには送信結果を確認するためのクライアント・ソフトウェアが添付されています。 このソフトでも容易に送信結果を取得することはできますが、発注書、納期回答など大量のFAX配信を必要とする業務において、「送信エラー発生時や得意先からの再送信要求に対して、迅速に対応したい」とお考えのお客様には「Fax送信管理システム InfoStore」をご提案致します。 「Fax送信管理 InfoStore 」は、お客様のFAX配信業務の精度と効率性を高め、得意先との円滑なコミュニケーショ ンを支援します。
Fax送信管理 InfoStoreがあれば、大量のFAX配信業務もラクラクです!
送信履歴の管理がラク!再送指示もラク!(豊富な検索機能&再送信機能)
日々のFAX送信履歴は、データベースに蓄積します。
大量の送信履歴から、FAX番号、送信先会社名、送信件名などをキーに必要な送信ジョブを検索し、再送信を実行できます。
 検索した送信ジョブは、FAXイメージを表示できるので、内容を間違えて再送信する心配もありません。
支店など遠隔地からの送信結果確認もラク!(Webブラウザ表示機能)
 Fax送信管理 InfoStore Web版では、支店など遠距離からWebブラウザを通じてFax送信管理 InfoStoreのデータベースにアクセスし、送信ジョブを閲覧できます(Webサーバとして、Microsoft IIS 5.0以上が必要)。 専用クライアントソフトなどをインストールする必要はありませんので、ロケーションを選ばずにFAX送信履歴を参照、また再送信要求を実行できます。


機能一覧
◆送信結果の一覧表示機能
 ログインユーザ名毎の照会情報表示
  InfoStoreへのログインユーザ名によって、ユーザ毎に照会できる情報を制限できます。これは、InfoStoreのログインユーザ名とFaxサーバ へのキューイング時にセットする送信者氏名  (SenderName,最大50バイト)を紐付けすることで実現します。

 送信ジョブ情報の検索と表示
 宛先FAX番号、宛先会社名、送信件名などをキーを入力して「検索」ボタン押下で検索実行します。
 ソート実行
  各カラムヘッダをクリックすることで、昇順・降順にソートが可能です。


◆詳細情報照会機能
 詳細情報の照会
  「詳細」ボタンを押せば、失敗時のエラー原因も含めた送信結果を照会できます。


◆単純再送信機能
 「単純再送信」とは、一覧表示から該当するレコードを選択し、FAX番号を変えずに一括して再送信する機能です。

◆修正再送信機能
 「修正再送信」とは、一覧表示からレコードを選択し、FAX番号を変更して再送信する機能です。

◆FAXイメージ表示機能
 送信したFAXはイメージ形式で保存されるのでWindows標準添付のビューアで閲覧できます。

◆エラー通知機能
 FAX送信ジョブにエラーがある場合、Windowsのイベントログに記述できるため、運用管理ソフトウェアなどで取得することができます。

◆Webブラウザ表示機能
 (Web版のみ)
 同時ログインユーザ数:基本30ユーザ
 (InfoStoreに登録できるユーザ数と同じです)

主な導入実績
 金融機関、電気・電子・部品メーカ、商社
 食品メーカー、流通業、TV局

Copyright(C) 1998-2013 (株)インテクア