TOP > 製品案内 FAXソリューション > FAX自動送信システム



◆◆業務システムを通し大量FAX送信を自動化!!◆◆

システム概要
■概要図

対応電話回線数:2回線〜
※上記Faxサーバは、回線数や用途に合わせて選択可能です。
  ご相談ください。


■機能
 オンライン上でFAX送信データを受取り送信レイアウトに変換しFAXサーバを介してFAX送信を行います。
・ 大量のFax送信を自動化します。
・ 業務システムとのデータ連携を可能にします。
・ 使いなれたイメージ変換ツールを選択することができます。※1
・ Fax番号、同報処理やリトライ回数、フォーマット名を業務システムから指定できます。※2
・ 処理の流れ
  業務システムよりCSV形式でデータを受取り指定フォーマットイメージに変換を行います。
  正しく変換されたイメージデータはFaxサーバを介してFAX配信します。
※1.対応可能ツール
  シーオーリポーツ、SVF、PDF、Word、他(他ツール応談)
※2.業務システムよりCSVファイルを介して以下の項目が指定できます。
  主なインターフェース
  @ 送信先(FaxNo、宛先名、用件)
  A 同報処理の指示
  A プライオリティ管理
  C 再送回数(リトライ)
  D イメージフォーマット指定(フォーマット名、項目数)
※3.送信管理システム〔FAX送信管理 InfoStore〕と併用することで送信処理から送信管理まで一連の
   Faxソリューションを構築できます。
※4.送信スピード(能力/枚数)について、電話回線数及びFAXサーバの処理能力に準じる。
  〔目安:1回線 A4一枚送信に凡そ1分 + α(呼出時間、再送時間)〕

●オプション
  ・E-Mail送信機能
   イメージデータを指定先のE-Mailアドレスへ送信します。

■動作環境
サーバーOS:WindowsXP-P、Win7Pro、Windows2003/2008
イメージ変換ツール:専用ツール(Word、シーオーリポーツ、SuperVisualFormade等)
             ※他(他ツール応談)
※ソフトウエア以外に、FAXサーバが必須となります。


WindowsXP-P,Windows2003/2008,Windows7は、米国MicrosoftCorprationの米国及びその他の国における登録商標です。
その他の各製品は、各社の商標または、登録商標です。


Copyright(C) 1998-2013 (株)インテクア