TOP > FAXソリューション 製品案内


※概要図のコンソール、Webブラウザ操作をクリックすると詳細サンプルが表示されます。



概要
 
Fax自動配信システム
   基幹系システム(上位アプリケーション)より予め設定したインターフェースで、Fax送信データ
   (CSV)を受取りFaxサーバを介してFax送信処理を行います。

  〔誤配信オプション〕
   基幹系システム(上位アプリケーション)と送信者、送信者部署、送信先Fax番号の同期を
   取ることで、管理外のFax送信先へFax送信を行うことを防ぎます。また、万が一のトラブル時
   にも、誰が、どこに、何を送った等の追跡調査もログ管理により情報収集が可能になります。

    
   
 ●Fax送信管理システム『Fax送信管理 InfoStoreEnterprise or StatusManager』      
   FAX自動配信システ ムなどで発生する大量の送信履歴を保存し、一元管理するシステムです。
   Faxサーバで送信した送信結果を取得し、大量FAX配信で発生する、送信
   エラー発生時や得意先からの再送信要求に応じることができます。
   本システム(「Fax送信管理 InfoStoreEnterprise)は、お客様のFAX配信業務の精度と効率性を
   高め、得意先との円滑なコミュニケーショ ンを支援します。

  〔Web版〕
   Web版では、支店や事業所など遠距離からWebブラウザを通じてFax送信管理 InfoStoreの
   データベースにアクセスし送信ジョブを閲覧できます(Webサーバ:MicrosoftIIS 5.0以上)。
   専用クライアントソフトなどをインストールする必要はありませんので、ロケーションを選ばずに
   FAX送信履歴を参照、また再送信要求を実行できます。

  〔不達通知オプション〕
   送信処理でエラーとなったFax情報を自動で特定のFax又はEメールへ送信エラー情報として
   通知します。
   常に画面で監視することができない場合に便利な機能です。

   (RightFax InfoStore) (Status Manager


Copyright(C) 1998-2018 (株)インテクア